不足するシステムエンジニアの解消策

システムエンジニアは慢性的に不足していて業界では深刻な問題になっています。日本経済もIT化と技術革新がますます進み、優秀なシステムエンジニアの育成は国の発展にも大きく影響します。しかし、優秀なエンジニアも一朝一夕で育つものではありません。予算も限られていると最小限のスタッフで対応する事を迫られます。そのため、全体の需要に追いつくにはマンパワーで応えるしかないのが現状です。結果的に大きなプロジェクトに過酷な業務内容になることも多く、終電帰宅どころかオフィスに缶詰にされさながら強制労働を強いられている場面も出てきます。長時間パソコンと向き合い作業に集中していると身体的な疲労もさることながらストレスが溜まり、身体を壊してしまう人も出てきています。重要な業界であるにも関わらず、IT業界は歴史も浅く国の法律や制度の整備が十分に追いついているとは言えません。そのため、労働環境の改善が追いつかず人材育成に繋がっていないと言えます。

このような状態ではプロジェクトの管理者も人材確保で毎回頭を悩ませる事になります。新卒を育成するには時間がかかりますし、派遣会社との契約ばかりではコスト面で問題が出てきます。対応としてはフリーランスの活用や在宅で可能な案件は可能な限り在宅スタッフを活用するなどの方法が挙げられます。プロジェクトの内容と作業工程およびコストを吟味し、担当スタッフに割り振る事により、スタッフに過度の負担をかけないよう務める事がこれからの管理者に求められます。