IT業界のSEの不足について

システムエンジニアが不足しているとの認識が一般的ですが、実状はそれほどエンジニア人口が少ないわけではありません。では何故人手が足りないと言われるのか、それは優秀なエンジニアが少ないという意味があるからです。プログラミング技術は昨今ではそれほど求められていない環境にあり、そのためにすでにあるコードを貼り付けるだけの簡単作業でもプログラマを名乗ることができます。そしてその延長でシステムエンジニアへとキャリアチェンジした人も多いわけです。

けれども本当の意味で求められるのは、クライアントときちんとコミュニケーションを取って、必要とされる機能はどんなものなのかを聞き出すことができる人材です。クライアントはシステムに関してのプロではないので、求める機能がどのようなものか、把握していないケースもあるのです。けれども単純に与えられた仕様書を元に設計に取り掛かるようでは、完成後にイメージと違うとなって修正作業を行うことになります。もちろん無駄な労力を使うことになりますし、会社の収益も高まることはありません。そこで基本的なビジネススキルを持ったシステムエンジニアが必要とされるわけです。

ただ問題なのが、そのような優秀なエンジニアは会社を選ぶということです。自らの知的好奇心を満足させないと感じる会社には、長く留まらないのです。そのために人材のミスマッチが起こり、結果として人材不足と言われるようになるのです。
深刻化する技術者の人材不足と今後の動向について記載されているサイトはこちら⇒【IT業界の人材不足について